江戸商人の魂を受け継ぎながら、
青果の安定流通に貢献します。

私たち三秀のルーツは、徳川家康が江戸に幕府を開いたときまで遡ります。商人が一緒になって江戸に移住し、“市”が立つようになりました。大正時代には、公正な流通機能の確立に向け初めて市場法が成立。その後、幾多の変遷を経て大田市場へと連綿とつながっています。私たちもこの変遷を乗り越え、今日まで市場の業務に携わってまいりました。

“卸”というと、単に注文された商品を仕入れる仕事のように思うかもしれません。でも、こうしたルーツを持つ三秀では、商人の魂を大切にしています。商品を愛し熟知し評価し一つ一つを大切に扱っています。豊作のときは、買って頂ける方を探し回り、不作のときは、仕入れを最後まで諦めません。商人として、こうした取り組みを続けてきたことが、生産者、そして小売業者双方からの厚い信頼に結実しています。

社会が大きく変わる中にあっても、青果の安定流通における市場の役割の大切さは変わりません。私たちは大田市場を支える一社として、さらには皆さまの食卓を支える一社として、今後もその役割をしっかり果たしてまいります。

代表取締役 稲垣憲一